過去の投稿

August 2011 の投稿一覧です。
8月20日〜27日といつもより若干長い中国出張です。
村澤デザイナーとのワークショップも中国各地にて行ないました。
今回は特に各地での写真を掲載していきたいと思います。


8月20日上海編

null

この焼き鳥屋、一見日本にある普通のあかちょうちんに見えると思いますが、上海市長楽路沿いにある福ちゃんです。(嘗ては野田社長お勧めのお店です)
約五年半ぶりに立ち寄りました。お店はまだ健在で活気溢れていました。素朴な雰囲気で店内スペースは非常に小さいが、次から次へとお客が入り非常に回転率が良い。焼き鳥の味はもちろんのこと、締め括りはやはり此方の醤油ラーメンです。しょうが風味?で不思議な味だが非常に美味。

null

五年半前と比較すると味とお店の雰囲気は変化なし、変わったのはテーブルと椅子のみでした。当時から特に椅子はガタガタでしたのでいつまで持つかと・・・さすがに新品に・・・

null

台湾系のお客です。”My wife is rabbit “ と言うのが口癖みたいです。

上海へ来られたときにはぜひお越しを・・・穴場です。
上海市長楽路223番地です。福ちゃん



8月23日大連工場編(村澤デザイナーとのワークショップ)

現地スタッフとすっかり溶け込んでいます。コミュニケーションもほとんど問題無し。物作りに国境はありません!!!

null
null


null
楽しみにしていた食堂での昼食です。ご飯も山盛り!相変わらず美味です。



8月24日ロートアイアン・アルミ無錫ノダック工場編(村澤デザイナーとのワークショップ)

null
無錫ノダック工場製アルミ門です。かなり迫力あります。これ以上大きなサイズも出来ます。

null
撮影の構えもかなり極めています。一見カンフー達人のよう・・・
精度の高い画像が取れているでしょうね!

null
かなり真剣です。

null
約十年ぶりの無錫空港です。すっかり新しく生まれ変わりました。
無錫のシンボル、泥人形です。空港の土産店に小人形が販売されていまので、土産に良いでしょう。


8月25日・26日広東省工場編(村澤デザイナーとのワークショップ)

null
いつもの如く真剣です。かなり臨場感あります。


null
日中友好に乾杯・・・PART 1

null
日中友好に乾杯・・・PART 2


null
DOMENICAシリーズフルコース& ARENAチェア。

DOMENICAソファにて友好撮影
null


いよいよ明日は帰国です。
帰国前に広東省での留意事項追加編を一つ紹介したいと思います。

追加編
ホテルのお部屋でサービスとして配られているペットボトルのミネラルウォーターがあると思います。中国通の方に聞くと稀にペットボトルが再利用され、しっかり消毒されず、ボトリングされる。ボトリングされた容量も多かったり少なかったりで、酷い場合は普通の水道水が入っているとのこと。面倒かもしれませんが、お部屋にある湯沸しポットで沸かしてから飲用をお勧めします。


まだ蓋を開けていませんが、容量が少なく感じます。怪しい!
null

明日飛行機が定刻に飛ぶことを祈ります。





先週主に新製品OCTO/BC(ソファ・ベンチ・チェア) シリーズ の初回量産検品の為中国広東省へ行って来ました。
今の所9月中旬頃までに初回ロット入荷予定です。今しばらくお待ちください。

今回特に中国南方へ行かれる方々にぜひご留意していただきたいことがあります。

ホテル宿泊時について

ホテルのお部屋浴室内によく備え付けられている手入れキットで綿棒が入っていると思います。この綿棒をどうしても使用したい場合は先ず綿の部分が容易に取れないかを確認した方が良いでしょう。稀に先の綿が取れ易い場合があり、取れ易い状態で耳の掃除をすると綿が耳内に残ってしまい、トラブルとなります。

null

中耳炎になる可能性がありますので、気をつけましょう。

null


食事について

広東省や他都市に行かれた方は既にご存知だと思いますが、レストランでよくある習慣で、コップに注がれた最初の一杯目のお茶は食器の洗浄に使います。お箸やコップの縁・レンゲ・おわんをよく洗い、どんぶりにお茶を捨てます。衛生・腹下りや感染症防止の為にもしっかり洗浄を行ない、郷に入れば郷に従いましょう。


null

null

null


しっかり洗浄してからどんぶりにお茶を捨てましょう。
二杯目のお茶はその後、店員さんが直ぐに注いでくれます。

null

null

やっと食事が出来る状態です。


楊 正宏より


もう2週間前の話になってしまいましたが、 インドネシアへ 新製品 BCシリーズの初回生産検品に行ってきました。 日本が梅雨明けで一時35度前後の気温となっていた中、インドネシアのこの工場の地域では気温が高くても33度くらいまでらしい。 ましてや湿気は確実に日本の方がムンムン。 インドネシア人が夏に日本に来たら、 ”日本は暑いなー”と汗をたらたら流すことでしょう。

工場ではBCシリーズがどんどん生まれていました。
null  
 
ワゴンの一団がいざ出陣といったところでした。 BCシリーズはフレーム、前板などパイン材の無垢材にある節目模様がいい味をだしております。 8月の盆明けには入荷予定となっております。ご期待下さい。  
   国際課 沖村