マイページ | トップ| 会社概要| NDstyle. 
高さについて
テーブルの高さを決める際には「差尺」が重要です。「差尺」とは「テーブルの高さ」と「椅子の座面高」までの距離をいいます。NDstyle.の場合、テーブルの高さは660mm〜705mm、椅子の座面高(SH)は380mm〜420mmとデザインによってさまざまです。食事や作業をする際に疲れにくい姿勢を保つ為の差尺は280mm〜300mm程度が良いとされています。お使いになる方の体格によっても感じ方が異なるので、身近にあるテーブルと椅子のサイズを基準に差尺を大きめ、小さめ、と設定されるのも良いと思います。同じシリーズ内でのセットアップは、適切なサイズに設定しています。お手持ちの椅子とのセットアップをご検討の際は、各商品紹介ページのテーブル高さや椅子の座面高を参考にしてみると選びやすいと思います。また、床から天板下までの高さにも注意してください。天板下に反り止めやマク板などがついているものには、アームチェアはアームが当たって入らない場合がございます。各商品紹介ページにてご案内しておりますので、ご確認ください。







天板の大きさについて
テーブルのサイズは使用される人数を目安に、まずは選んでみましょう。

2人家族の場合 80〜150cm
4人家族の場合 120〜160cm
6人家族の場合 180cm

天板の大きさが十分であっても、脚のデザインや取付位置によって脚間が異なるので、椅子が収まらない場合がございます。お手持ちの椅子をセットアップする場合は幅サイズとテーブル脚間をご確認の上、ご検討ください。また、同じシリーズ内のテーブル、チェアとのセットアップの場合は、各商品紹介ページにて対応脚数をご案内しておりますので、ご確認ください。


部屋との関係について
テーブルと椅子のサイズが決まったら、一度「新聞紙」を利用して、原寸大になるように切ったり折ったりしながら、お部屋の床に広げてみましょう。実際の大きさや動線を体感する事で、より実際に近い状態をイメージすることが出来ます。ご購入前に、ドアの開閉やほかの家具との位置関係、通路が確保できるかどうか、事前に確認が出来るので、ご購入後も家具のレイアウトがしやすくなります。





脚のデザインについて
シリーズによってデザインは異なりますが、4本脚タイプ、双脚タイプがあります。

[ 4本脚タイプ ]
デザイン的にスッキリしているので、どんなお部屋とも相性が良いのが特徴です。しかし、椅子に座る時、立つ時などは双脚タイプよりも椅子を引かなくては脚に足が当たってしまうので、スペースが十分に確保できる環境での使用をおすすめします。また、双脚タイプと比べると、天板と脚の接合面積も小さく、脚の組付け部が緩みやすいので、定期的(3ヶ月に1度)にネジを締め直して頂く様、お願いします。


[ 双脚タイプ ]
天板と脚の接合面積も大きいので、より安定したつくりになっています。椅子に座る時、立つ時など4本脚タイプ程、椅子を引かなくても脚に足が当たらないので、省スペースにレイアウトする事が可能です。ベンチとの組合せの場合、横からスライドして座れるので、特に相性が良いデザインだと言えます。テーブルのサイド(短辺側)で椅子を使用する場合には、足が脚にぶつかる為、テーブルの長辺側からのご使用をおすすめします。


アジャスターついて
NDstyle.のダイニングテーブルには、脚の底部にアジャスターが取り付いています(ARENAは除く)。これは、がたつきを補正する為の補助的なものです。テーブルの高さを調整するモノではないので、アジャスターを4ヶ所とも出した状態でテーブルを使用する事はお避けください。安定感を失って転倒する場合がございます。