マイページ | トップ| 会社概要| NDstyle. 
座面の高さについて
椅子に座った姿勢で、モモの裏からかかとまでの高さが座面高さになります。座面が高ければ、かかとは浮きますし、座面が低ければ、足が余って一歩前へ接地します。身長によっても適切な座面の高さは異なります。適切な座面高がわからない場合には、身近にある椅子に座って確認される事をおすすめします。自分に合った高さを知る事で椅子選びがよりスムーズになります。家具の平均的な座面高さを基準に椅子を選ぶと、みんなが納得する高さに合わせる事ができます。あるいは、家族がそれぞれ自分にあったサイズの椅子を選んで、マイチェアを楽しむ事も可能です。同じ樹種や色を合わせる事でもコーディネートできるので、お好みのものを選んで、組合せを楽しむ事もおすすめです。


テーブルとの相性について
テーブルとの相性を確認する為には「差尺」が重要です。「差尺」とは「テーブルの高さ」と「椅子の座面高」までの距離をいいます。NDstyle.の場合、テーブルの高さは660mm〜705mm、椅子の座面高(SH)は380mm〜420mmとデザインによってさまざまです。食事や作業をする際に疲れにくい姿勢を保つ為の差尺は280mm〜300mm程度が良いとされています。お使いになる方の体格によっても感じ方が異なるので、身近にあるテーブルと椅子のサイズを基準に、差尺を大きめ、小さめと設定されるのも良いと思います。同じシリーズ内でのセットアップは、適切なサイズに設定しています。お手持ちのテーブルとのセットアップをご検討の際は、各商品紹介ページ高さや椅子の座面高を参考にしてみると選びやすいと思います。また、床から天板下までの高さにも注意してください。天板下にマク板や反り止めなどがついているものには、アームチェアのアームが当たって入らない場合がございます。アームの高さについては各商品紹介ページにてご案内しておりますので、ご確認ください。







アームチェア、アームレスチェアについて
[ アームチェア ]
座った時に肘が掛けられるので、とても楽な姿勢で座ることが出来ます。テーブルと組み合わせた時立ったり座ったりする動作の際に、アームの部分が邪魔になるので、後に大きく引かなくてはなりません。


[ アームレスチェア ]
アームがないタイプのチェアは、どの方向からも座る事が出来るので、立ったり座ったりの動作がとても容易にできます。テーブルと組み合わせて立ったり座ったりする動作の際に、比較的スペースを使う事なく椅子から離れる事が出来るので、コンパクトなスペースでの使用に向いています。