マイページ | トップ| 会社概要| NDstyle. 
幅について
お手持ち、あるいは購入をご検討のテレビの幅サイズを目安にAVボードの幅サイズを選びましょう。NDstyle.のAVボードは天板中央にテレビを設置した状態で、耐荷重設定を行っております。テレビをAVボードの天板中央に設置した状態で少なくても左右10cm程のクリアランスがあるとバランスよく見えます。


奥行きについて
DVDプレーヤー等のAV機器の奥行きサイズを目安にAVボードの奥行き内寸を確認しましょう。AV機器のほかに接続コードなどの奥行きが必要になります。


高さについて
LDKにおけるテレビを見る目線は、床に座った時、ソファに座った時、ソファに寝そべった時、ダイニングチェアに座った時、キッチンで立った時など、高さや距離が異なり、テレビのサイズによってずいぶん異なります。あらゆる目線に対応する40〜50cmがおすすめです。プライベートルームやリビングとして独立したお部屋のタイプであれば、目線の高さも定まりますので、40cm以下のロータイプも楽な姿勢でテレビを見る事ができます。


天板耐荷重について
天板耐荷重は各商品紹介ページで案内しています。お手持ち、あるいは購入をご検討のテレビの重量をご確認の上、お選びください。


AV機器収納について
AV機器収納部にはオープンタイプと扉タイプがあります。

[ オープンタイプ ]
扉がないので、リモコン操作が簡単に行え、DVDディスクなどの出し入れもリモコンボタン一つで簡単に行えます。配線もらくらく行えます。HDDなど熱を帯びる機器の使用も、常に通気した状態なので適しています。


[ 扉タイプ ]
NDstyle.の扉タイプは扉にガラスが入っているので、リモコン操作が簡単に行えます。AV機器収納部は一つの空間となっているので、ホコリがつきにくいのが特徴です。DVDディスクなどの出し入れは必ず扉を開けた状態で行ってください。天板面と背板面に配線孔がついているので、配線も行えます。