工場通信

  木工技術

  縫製技術と張り

  金属加工の技術

  塗装仕上げ

  強度試験と品質保証

2011.2.1 更新
第1回 地道で細やかな手仕事のデザイン
デザインと技術を一つにする工場

NDstyle.の主力工場は、中国の大連にあります。1994年に開設した完全自社工場で、機械と職人の技の両方の良さを一体にした生産拠点です。多種にわたる木製品を中心に、コストを抑えるさまざまな創意工夫を重ねながら、ものづくりに取り組んでいます。本社の営業チーム、デザイン開発チームと密に連携し、現場にそなわる能力を十二分に引き出すことをテーマとしながら、より良い家具づくりのため生産体制の改善を重ね、稼動しています。
手仕事だからできる大曲面の突板貼り

「agosto(アゴースト)」は、ウォルナットの天然木突板の素材感を活かしたデザインで、リビングボードやテーブル天板の大きなR面や、ソファアーム部のすべての面に突板を使っています。これは、突板を手仕事で貼る技術があるからこそ可能となったデザインであり、突板を使いながら大胆なカーブやボリューム感を表現したフォルムは、agostoならではの特徴となっています。
見えないところの繊細な仕事

「ARENA(アレーナ)」は、ステンレスのフレームがソファの座面やシェルフの棚板に刺さり込むように接合し、座面や棚板が浮いているような印象を与えてくれるのが特徴です。この浮遊感を実現するために、フレームとの接合箇所では棚板の突板や座の張地はフレームに沿って四方から内側に丁寧に折り込まれます。これにより独特なディテールを実現しています。細部の地道な手仕事が、全体にハリのある佇まいをつくりあげています。