過去の投稿

March 2011 の投稿一覧です。
商品課に小包が届きました。
差出人は「(財)日本産業デザイン振興会」
グッドデザイン賞の事務局からでした。

中から出てきたのは、
20110329-IMG_4266-1.jpg
『GOOD DESIGN AWARD 2010 』
2010年度グッドデザイン賞の公式年鑑

・・・自立するくらい、分厚い。


審査委員長、深澤直人さんの
「グッドデザイン賞をグッドデザインする」というコンセプトから、
今年からハードカバーで美しい装丁のイヤーブックに
生まれ変わったそうです。ご立派!


NDstyle.の受賞アイテムも早速チェック!!

425ページには「DOMENICA」が。。。
null

423ページには「COISL」が。。。
20110329-IMG_4274.JPG
思わず鼻も膨らむ嬉しさです。


ちなみに、、、
公式年鑑は数量限定生産で2011年3月20日発売、
全国の書店で注文・購入できるそうですが、
もちろんお値段も立派です。


出発30分遅れで 約4時間掛けてようやく広州に到着しました。
改めて中国の広さを感じます。
それだけ広いと言葉も違ってきます。
大連は北京語ですが、ここ広州は広東語です。
うちの社員達も「听不?  何を言ってるか分からないようです。
空港でも目に留まったのですが、広州ではアフリカ人が急増しているそうです。
景気の良く見える中国へ仕事を求めて来ているのだと思いますが、
不法労働者を含めると5万人とも10万人とも言われています。
中国も国際化がもっと進んで 住み良い国になれば良いなぁと思いつつホテルへ向かいます。

  中国へ出張の際のご注意ですが、フライトが遅れるのは当たり前、
  搭乗予約が少ないからでしょうか? 当日のフライトがキャンセルされてる!
  何てことも少なからずありますのでご注意を!

空港からホテルまでは高速バスで移動し、街の風景も昨年とは違って見えました。
ビルは増えて どんどん高層化して、派手なライトアップも増えてました。
ただ気になったのが構造躯体が日本よりもかなり細くて、
その国に合せた強度基準が有るにせよ、ふと、地震が起きたらどうなるんだろうと・・・

ホテルにチェックイン後 遅めの夕食に行く為 ロビーへ下りると女子社員が
困った顔してます。 聞いてみると、鍵を開けて部屋に入ると見知らぬ男性が
テレビを観てたので、ビックリして下りてきたらしいのです。
これ又 中国では良く聞く話・・
近くの麺屋さんで食事を終え 明日に備え早く寝ることに。
部屋の鍵を開ける時 ちょっとドキドキ   
見知らぬ女性が居たら・・・


仕事と関係ない話ばかりの出張報告初日でしたが、中国ネタも織り交ぜ
ながらアップしてきますので、ヨロシクお願い致します。


こんにちは。
「春真っ盛りの3月半ば!」と言いたいところですが、
寒かったり、、、暖かったり、、、
季節の変わり目は体調の管理に気をつけたいですね。

今日は、商品課で自社製品ソファの検品をしました。
20110319-kaitai-1.JPG

開発スタッフ全員が中国の工場へ頻繁に行ける訳ではないので、
日頃から内部構造を見て、確認する事ができません。
定期的に抜き取り検査とスタッフの勉強会や検証も兼ねて、
内部構造の確認や仕様のチェックをしています。

カバー、内袋、ウレタンと徐々に内部へと、調査が進みます。

座り心地を見分ける敏感なお尻の持ち主、ノムさんのソファ解説で、
「ふむふむなるほど・・・」
20110319-kaitai-2.JPG

クッション材の組み合わせ次第で、
座り心地もいろんなバリエーションが生み出せそうです。

品質チェックと改善、次なる商品開発に向けて、また一歩前進。。。


今年も広州国際家具博覧会第一期(ホームファニチャー)の開催がはじまりました。(3月18日〜21日)アジアでは最大規模の展示会と言われているようです。
大連駐在の衣川先生からもありましたように、NDstyle.大連工場も毎年の如く出展しております。日本から調達した小物装飾品も生かされ、今年も日本らしさ・和の雰囲気が再現されています。近隣のブースと比較しても一際目立っていて、差別化を感じます。客足も順調です。
ぜひ一度展示ブースに立ち寄ってください。



null
20110319-DSC04738.JPG
20110319-DSC04740.JPG
20110319-DSC04769.JPG

null


ND style.大連工場の展示ブースNo.: 4.2C20  です。
以下広州国際家具博覧会サイトもご参考ください。

http://www.ciff-gz.com/Upload/download/129004922742474482.jpg

http://homefurniture.fairwindow.com/jp/index.htm

19日は帰国です。
それでは、次回の飛行機通勤まで・・・
みなさんで日本の被災地の復興に向けて一致団結し、がんばって行きましょう!世界各国が日本を応援しています。団結日本.....

3/19



毎年開催されている(東莞)展示会を視察しました。
今年の開催期間は3月16日〜20日となっております。開催二日目ですが、会場は大変混雑しておりました。

中国の展示会に出かける際は掏りに要注意です。話によると展示会等イベントに合わせ、掏り・盗みを目的とした集団が結成され、会場で獲物を狙っています。私も何度か掏りの光景を見ております。(泥棒がガードマンに追いかけられている場面)



null

null

20110317-DSC04711.JPG


当会場で今年も有力なメーカーは相変わらず出展しておりました。
Modern Furnitureエリアでは今年はD社が去年展示したハイグロス系アイテムのデザインを意識し、コピーをするメーカーが多いように感じます。また会場全体でもハイグロス塗装のデザインが多く展示されていた印象です。
3号館の2階には相変わらずB&?社のコピーメーカー2社が出展しておりました。



20110317-DSC04725.JPG


大連家具協会からの出展募集ブースも・・・
以上東莞の展示会でした。
明日は広州の展示会です。

3/17



に〜はお 大連駐在の衣川です。

今月18日より21日は「広州国際家具博覧会」が開かれます。
我が社も毎年出展させて頂いており 私も今から広州へ向け出発します。
今 日本は経験をしたこともない自然災害に遭い、毎日が不安で潰れそうになるかもしれません。
私も神戸大震災を経験しているので、被災された方々の事を思うと辛くなります。
しかし、気持ちを切り換えて 前を向いてガンバルしかありません。

ガンバレ日本!!
加油 日本!!
 

ど〜も僕です。
10日に1回更新と言っておきながら全くで申し訳ございません。
先日の編集会議で「営業ブログが全く更新できとらん」と
軽いお叱り受けちゃいました・・・

日々の売上を作るのに必死でしたので、ご勘弁を・・・(^_^;)

それにしても震災被害は相当ですね・・・
被害に遭われた方々の一日も早い回復を
我が営業部一同も心よりお祈り申し上げます。

20110315-BLOG.jpg



久しぶりのCHINA通勤です。
3月11日に発生した東北関東巨大地震、大変心が痛みます。
発生直後CHINAの協力工場からもお見舞いの電話が殺到しました。中部方面は大きな被害はなかったものの大変複雑な心境で13日CHINA通勤をしました。

今回の通勤ルートは中部→台北→香港→中国東莞
null

null
香港→中国東莞はフェリーにて入国をしました。
中国宿泊ホテルについたのはPM 7時です。
料理屋で晩飯の注文をしょうとした所日本から来たのを知った店員はやはり日本の地震についての状況を心配していました。今回の地震は中国全土のメディアでも大きく報道されているようです。日中外交の問題はあるかも知れませんが、中国人民としても甚大な被害に遭った日本国民には哀悼の意、大変心を痛めているとの事でした。


3月14日〜 新製品RRシリーズの検品です。幾つかの指摘事項はありますが、納期に向けてベストを尽くしている所です。

nullnullnullnull

3・14  楊


20110314-3011-1.jpg
NDstyle.カタログ『3rd Edition』発刊に向けて、編集会議を行いました。
村澤さんやエーランチさんを迎えて、
更には新入スタッフも増えて、総勢18名!!
会議室はぎゅうぎゅう詰め。熱い議論を交わしました。

20110314-3011-4.jpg

20110314-3011-3.jpg
総合プロデューサーのエーランチ星名さんと長田さんのお二人に、
既に発刊しているカタログについてヒアリングをして戴きながら、
情報を整理して、ベクトルを合わせていきます。


議論の結果、発刊時期はまだまだ先になりそうですが、
今までのカタログから少しずつ変化しながら、
じっくり練ったいいモノをつくっていく事になりました。。。
次号発刊に向けて、前進前進!

20110314-3011-5.jpg


3月9-10日とIFFS ( INTERNATIONAL FURNITURE FAIR SINGAPORE)へ行ってきました。 年1回の家具展示会です。 毎年この3月の中旬頃にインドネシア、マレーシア、ヴェトナム、タイなどど東南アジアの家具展示会が続いて開催されます。私がシンガポールの展示会に来るのは3年ぶりです。
20110311-20110310-1.jpg
初日開場30分後には受付カウンターの前に長蛇の列でした。  ブースの数では300超くらいでしょうか。 欧州向け輸出といった意味合いが強く、我々の感覚からするとラージサイズの家具やプラスチック・ラタンの椅子、その他ソファ類が多くを占めていました。  

さて ここでシンガポールで私が気づいたミニ話題など。今回はホテルから展示会場までMRTという電車で行くことにしました。
20110311-20110310-2.jpg
これは駅のプラットホーム。降りる人が中央で、乗る人は脇から入ってね ってことだと思いますが、日本では逆ではありません?確か。

次に駅名。
20110311-20110310-3.jpg
tanah merah  タナ・メラ (直訳すると赤い土地) っていう駅なんですけど中国語表記ではなるほど、 こんな漢字になるんだ と思いました。

そして最後は電車のチケット。
20110311-20110310-4.jpg
クレジットカードのような材質のチケットが券売機で発券されます。駅から出る時に改札で回収されるのかな と思ったら回収されない。 電車に乗る度にチケットがたまって、たまらんなー。 もったいないなー、 と思っていたら、 こんなシステムでした。改めて券売機に入れるとシンガポール$1ドルが戻ってくるのです。 でも電車降りる度に券売機へ行って並んで1ドル回収するのも これまた面倒やなー って思いました。 せっかちな日本人にはこんなシステムは合わないのでしょうね。 いろんな国の電車チケット発券・回収システムに注目するのも面白いかも。それではそろそろ帰国便のboading です。


『工場からこんにちは』

大連工場の駐在スタッフが海を越えて、
工場のホットなニュースをお届けします。

しばらくの間は、カテゴリ選択の
『工場からこんにちは』もしくは『全てのカテゴリー』から
ご覧ください。


そろそろ春の到来です。
春とともに新たな生活が始まる予感。。。。。

今日は岐阜県関市にあるモデルハウスをたてもの探訪してきました。
このモデルハウスは、
NDstyle.のグループ会社(株)野田建設が設計・建設をした
“しあわせホーム”です♪

それでは、おじゃまします!!
20110307-030501.jpg

吹き抜けのある明るいリビング・ダイニングスペースには、
〜TOMOEのテーブルとチェア、33ソファ、IVのテレビボード〜
20110307-030502.jpg

ひろびろキッチンのユーティリティスペースには、
〜COISLチェア〜
20110307-030503.jpg

2階にあがると・・・・

〜viaのkidsシリーズ達〜
20110307-030504.jpg 20110307-030505.jpg

この家からは明るい笑い声が聞こえてきそうです!
まさに『繋がった空間は心のつながり。いつも笑い声と気配を感じて家族と暮らす』ですね。
NDstyle.の家具達が空間にとけ込んでいます。


「是非、お気軽にお越しください!」
しあわせノンちゃんがお待ちしています。
20110307-030507.jpg
(しあわせノンちゃんは地元の名イラストレーター松山さんがデザイン。)


<しあわせホーム>
モデルハウス住所: 岐阜県関市小瀬字長池1995番地2
営業時間    : am10:00〜pm6:00
定休日     : 水曜日
お問い合わせ  :(株)野田建設 野田一級建築設計事務所
          TEL 0120-615-933
          http://www.nodakensetsu.co.jp/